ヤマハファインテック株式会社

YAMAHA

ヘリウムリークテスタ漏れ・ひび割れ検査装置

ヘリウムリークテスタの
チャンバー方式とスニファー方式

高性能・信頼性の高いチャンバー方式と
ローコスト・省スペースなスニファー方式

ヤマハヘリウムリークテスタは、高性能で信頼性が高い漏れ検査機としてアルミホイール・ドラム缶・エアコン・燃料タンクなど、数多くの自動車部品・家電製品工場などで採用されています。用途に合わせて、スニッファー方式などのシステムでも検査が可能です。

チャンバー方式 スニファー方式
構造 チャンバー方式
  • 事実上10⁻⁸[Pa・m3/sec]
スニファー方式
  • 事実上10⁻⁶[Pa・m3/sec]
特長
  • 全体の漏れ判定が確実にできる
  • 漏れ計測が速い
  • 人為誤差がない
  • 自動化が容易にできる
  • ヘリウム汚染対策不要
  • 漏れ箇所が直接わかる
  • 装置スペースが簡略
  • 設備コストが安価
推奨
ワーク
  • 自動車用アルミホイール
  • ドラム缶
  • エアコン
  • 燃料タンクなど

チャンバー方式の仕組み

チャンバー式システム図

微小な漏れを正確に検出するチャンバー方式

従来の水没方式やエアー差圧方式に比べて100~1,000倍の精度で漏れを判定し、信頼性の高い検査を行います。また、プローブ操作で漏れ検出に時間のかかるスニファー方式に比べ、製品の全体検査をスピーディーに行うことが可能です。

ヘリウム(He)がトレードガスとして使われる理由

  1. 人体や地球環境に対して無毒無害で悪影響を及ぼさず、安全である。
  2. 不燃性のため安全である。
  3. 分子直径が小さく、質量も小さいので、微細な孔でも容易に漏れが出易い。
  4. ヘリウムガスは通常大気中や金属には微量にしか存在しないため、漏れ出たヘリウム(He)と区別が付き易い。
  5. 通常の環境では、液化しにくいため、漏れ孔を塞ぐことがない。
  6. 化学的に不活性ガスなので金属を錆びさせることがない。
お問い合わせ
TEL : 053-467-3601(FA事業部代表)
FAX : 053-467-3613
ウェブからのお問い合わせ