ヤマハファインテック株式会社

YAMAHA

製品情報

WS056S(ワーク把持型バリ取り・研磨装置)小物金属部品などのバリ取り・仕上げを目的としたワーク把持型汎用装置

小物金属部品などのバリ取り・面取り装置の外形寸法・製品仕様

ワーク把持によるサンダーヘッド加工を行います。ツール把持に比べ省スペースなシステムを実現できます。

WS056S(ワーク把持型バリ取り・研磨装置)

外形寸法

画像:WS056S(ワーク把持型バリ取り・研磨装置)

製品仕様
型式 WS056S ワーク把持型バリ取り・研磨装置
設置面積 W2000×D2000+α×H2000(mm)
質量 1500kg
対象ワーク 小物金属部品等のバリ取り・研磨
ワーク大きさは□200以内、質量は1kg以内
ワーク供給取り出し 一列エアシャトル(標準)上の治具/パレットへの作業者による手動供給取り出し
機種選定 1~99種 番号選定方式
ロボット FANUC Robot LR Mate 200iD/7
電源 AC200~220V+10%/ー15%3相 50/60Hz
電源容量 5KVA
エアー源 空気圧:0.4MPa 消費量:100NL/min
その他 特注設計対応可能
カタログダウンロード
仕上げロボットシステム総合カタログ

仕上げロボット製品カタログ(2.87MB/PDF)

WS056S(ワーク把持型バリ取り・研磨装置)に関するお問い合わせ

WS056S(ワーク把持型バリ取り・研磨装置)に関するお問い合わせはこちらで受け付けています。

  • YFTの仕上げロボットシステム

    ヤマハファインテック独自のツール機構と仕上げ適応制御の特長をご紹介します。

  • 導入フロー

    仕上げロボットの受注から設計・製作・納入までの流れをご案内します。

  • 対象ワーク例

    対象ワーク例としてこれまでに加工した製品をご紹介します。

    • 自動車
    • オートバイ・自転車
    • タービン
    • 電気・電子
    • 精密機器
    • 工作機械機械部品工具・刃物
    • 家庭用品住設機器
    • スポーツ医療機器・その他
  • 製品サンプル動画

    ヤマハファインテックの仕上げロボットをよりご理解いただくためのサンプル動画をご覧いただけます。

工場見学

弊社の設備についてお客様に評価テストをしていただくため、デモルームを設置しています。お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ